長年苦しんできた、つらい鼻水 & 鼻詰まりを何とかしたい皆様へ

11

みなさんの鼻、こんなことで苦しんでいませんか?

  • 花粉症が原因で、ある一定の季節になると、ひどい鼻水•鼻詰まりがはじまってしまう。
  • 一年中鼻詰まりで、いびきがうるさいと、家族からクレームがきてしまう。
  • 料理をしても、料理の香りや味がわからない
  • 映画館やコンサート会場などで、鼻をズルズルすすってしまうので、静かな公共の場を避けるようになってしまった

このような鼻水•鼻詰まりでお困りのあなたに、今日はとっておきの情報をご紹介していきたいと思います。

体は元気なのに、いつも鼻水、鼻詰まり困っているあなた、

もしかして「後鼻漏ではありませんか?

後鼻漏」とは?
鼻水が自然に喉へ流れてくる症状のことを言います。

この後鼻漏には、様々な原因が考えられますのですが、下記のこれらの原因で心当たりがある症状はありませんか?

22

 

その1…副鼻腔炎

慢性的に痰が喉に絡み付き、常に鼻が詰まっている。

鼻が詰まっているので、料理をしても味がわからない。静かな場所(コンサートや映画館など)鼻を啜らずにはいられないので、出かけるのをためらってしまう。寝付きが悪い。常に呼吸は口呼吸。原因は慢性の鼻詰まりの症状。風邪をひいてそのまま炎症が治らない状態や、アレルギーによって誘発される場合もあります。

その2…アレルギー性鼻炎

 花粉の季節になると、鼻水が止まらなくなり、自然と喉に流れてくる

臭いを感じない。寝付きが悪いなど、鼻が塞がって苦しむ症状は、ほぼ副鼻腔炎と同じ苦しみですが、原因はアレルギーによって誘発されるという違いです。

上記にあげた以外にも、様々な原因がありますが、ほとんどの「後鼻漏」の症状の約8割以上が、副鼻腔炎とアレルギー性鼻炎にあてはまるといわれています。

つらい鼻水、鼻詰まり(後鼻漏だけれど、病院へ行っても治らないから放置中!?

33

後鼻漏を長いこと煩っておられるAさんの場合

子供の頃から耳鼻科へ通うのが日課だったAさん。しかし、病院でせっかく薬を処方してもらい一時的に回復しても、薬が体に慣れてくると、また鼻詰まりがはじまってしまいます。そんなことを長い間繰り返してきたAさんは、一生鼻がすーすーと通ることなんて不可能」と考えてしまい、病院通い、薬の服用を諦めてしまいました。

副鼻腔炎が原因で後鼻漏になってしまったKさん

Kさんの受け持ちのホームドクターから、副鼻腔炎の外科手術を勧められているKさん。しかし、生まれてこのかた、外科手術など受けたことが無いこと、そして仕事の激務で、中々仕事を休むことが出来ず手術をためらっているKさんなのでした

55

そこで

ぜったい!おすすめの「えぞ式すーすー茶」そのわけは?

そんなAさんやKさんのような、忙しい現代人が苦しむ後鼻漏のとっておきのお茶があるのをご存知ですか?

66

「えっ、お茶!?」

このお答えに、なかなか信用してもらえなかったら、本当にゴメンナサイ。でもこのお茶、本当によく鼻水•鼻詰まりに効くのです。

甜茶や赤紫蘇、クマザサなどが配合された体に優しいお茶なので、

薬のような副作用はありません

小さなお子様から大人まで、飲用していただけます。

「でも、不味くて続かなかったらどうしょう!」

 ご安心ください。お茶の味はとてもマイルドで、自然な甘味がありとても飲みやすいお茶です

77

「高額な値段のお茶じゃないだろうか!」

えぞ式すーすー茶」は、一杯のお値段がなんと95という破格のプライスです。「えぞ式すーすー茶」一箱につき30包入りで税別価格2838です。

「もし、えぞ式すーすー茶で効果が得られない場合は、損しちゃうの?!」

返品も承っていおりますので、たいへん安心してご購入することができます。商品到着後の25日以内であれば、全額返金保証でもし商品をすべて使い切ってしまっても1個分の商品金額を全額返金いたします。

えぞ式すーすー茶で、明るく健康な毎日をお過ごしくださいね

88

いかがでしたか?

えぞ式すーすー茶」の快適ライフに、もしご興味があるようでしたら、下記のリンクで詳細をお確かめください。

「えぞ式すーすー茶」の公式サイトにリンクしています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


みなさんの健やかな毎日を、心から応援しております。

ハウスダストが要因となって発生する鼻炎

ハウスダストやそれに関連したが要因となり、鼻炎が発生するケースはしばしば見受けられています。

このような動向は年代を問わず確認されるようになってきており、こうした要因で生じる鼻炎を効果的に抑制することが重視されているのではないかと思います。

ハウスダストを除去して快適に生活することを意識することが大事であるとされているものの、鼻炎を改善するために環境以外にも改善することも希求されるのではいなかと考えられています。

昨今はハウスダストが主な要因となって、鼻炎が発生することが普遍的に見受けられる動向になりつつあります。そのため、効果的に鼻炎を解消することを意識することが大事になってきているとみられており、様々な方面からハウスダストによる鼻炎を改善する取り組みが展開されています。

また、既に鼻炎になっている人がハウスダストによってその症状を悪化させることもあると考えられていることから、治療を進める際のメソッドが模索されることも実践されています。

日本においてはこうした要因による鼻炎の発生や症状の悪化が、飛躍的に増加してきつつあるのではないかと考えられています。耳鼻咽喉科などでは、こうした鼻炎について積極的に治療にあたるようにもなってきており、様々な地域で強い興味が示されていると言えるでしょう。

ハウスダストのアレルゲンが鼻炎を悪化させるということもよく知られるようになってきているため、対処方法が本格的に模索されていくことにも繋がっています。

今後はより多くの人が、ハウスダストによって鼻炎を生じさせることが予測されています。そのため、現在よりも的確でスピーディーに対処できる治療法が、積極的に検討されるようになるのではないかと思います。

また、鼻炎を悪化させないための手立てを後鼻漏に悩む人がそれぞれで考える動向も非常に活発なものとなっていくとみられているため、様々な方面から注目が示されるようになるのではないでしょうか。

鼻炎の悩みを解決できました

慢性鼻炎に悩まされてきました。稲刈りの際はコンバインでわらを切るため、そのわらのほこりでくしゃみが止まらなくなり、鼻水もひどく憂鬱でした。

冬場は特に鼻づまりが続き、そのために口呼吸になり喉をよく痛めていました。症状がひどくなる冬場は2週間ごとに耳鼻科の病院に通っていました。

同じ病院に通っているとそのうちに薬も効かなくなり、点鼻薬も使用しすぎると逆に鼻が腫れたりすることもありました。

もっといい病院がないかと人に聞いたりして自宅から1時間以上かかる病院に変えました。

しかし薬もあまり変わらないし、逆に人が多すぎて待ち時間が長いことからまた2回ほど病院を変えました。最後に通った病院は小さな病院でしたが、私の体に合ったのかすぐに状態がよくなりました。

2年間ほどその病院に通いましたが、鼻の状態は完治することはありませんでした。病院が遠いことと費用がかさむことからやめることにしました。年中鼻が詰まっていた状態からは解放されていましたが、やはり花粉の時期と冬場は状態が悪くなるので小青竜湯という漢方薬を飲み始めました。

またジョギングを始めました。病院へ通った頃よりかなり良くなってきました。また天然のドクダミを試してみることにしました。乾燥させて刻んだドクダミをティーバッグに入れて煎じたものを、毎食後飲んでいました。

半年くらい経つと鼻詰まりがほとんどなくなりました。今はジョギング、漢方薬、ドクダミ茶で殆ど鼻の悩みは消えていますが、鼻水がのどに流れる後鼻漏を治すことができませんでした。

新聞の読者投稿欄でマロー茶が効き目があることを知り、早速インターネットでマローという植物を乾燥させたマロー50gを購入しました。約2000円ほどとあまり安くはありませんでした。

これもドクダミ同様ティーバッグに入れ煎じて飲みました。1月ほどするとかなりのどに流れる鼻水が減ったように感じました。今では私と同じような鼻の悩みを持つ母親にもドクダミ茶とマロー茶を勧めています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ