アレルギー性鼻炎と診断を受けて早いもので25年近くが経ちました

長いお付き合いです。 アレルギー性鼻炎と一口に言っても原因は様々あります。 まずは花粉症です。その中で最も有名なのがスギ花粉です。

 

私もですが患者さんは間違いなく多いと思われます

 

それ以外にも春はヒノキ・シラカバ・イネ、秋にはブタクサ・ヨモギなど種類豊富です。 この中でも理解を得にくいのがイネです。イネはちょっとスギ花粉と時期がズレていて大体5月頃がピークです。その頃には花粉症の薬のCMも出なくなり世の中の人は花粉シーズンは終わったと思っています。

 

実際TVのニュースで花粉シーズンが終わりましたなんて言われることもあります。確かにスギ花粉は終わったかもしれませんが、イネはそこからが本番なのです。 実際6月にマスクして「花粉症で」なんて言ってもまず信じてもらえません。確かに飛散量としてはスギ花粉より少ないかもしれませんがそれでも飛んでいることは間違いまりません。

 

私の友人もイネ花粉の持ち主で毎年スギ花粉が終わりに近づくと「自分はこれから花粉シーズンだけど、どうせ誰にもわかってもらえない」とぼやいていました。 ちなみにこのイネ、7月には一旦落ち着くのですが8月から9月にかけてもう一度小さなヤマが来ます。

 

なので夏の間もなんとなくずっと鼻がムズムズしてしまうのです。 そしてアレルギー性鼻炎のもう1つ有名なものはハウスダストでしょう。 乾燥している冬はもちろん、夏場でも換気の悪い部屋は相当危険です。ホコリだけじゃなくてダニやカビなども混じっています。

 

というわけで私は花粉もハウスダストもなのでほぼ1年中マスク生活を余儀なくされています。いろいろな人に「暑くないの?」「顔隠したいの?」など言いたい放題言われますが、本当にアレルギーが辛いんです勘弁して下さい、と常々思っています。 アレルギー性鼻炎は今のところはっきりと治る病気ではありません。原因があり続ける限り頑張って付き合っていかないといけないんだなと思いながら今日も生活しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ