リラックスできるはずのアロマの香りで鼻水が

アレルギー性鼻炎を持っている人は、鼻の粘膜が敏感ということも考えられます

 

匂いでアレルギーを起こす人も多くいますし、乾燥の季節、鼻の粘膜が荒れていると、普段はなんともないものでもアレルギーが助長される場合があります。ちょっとしたことが刺激となってくしゃみが出る。それがきっかけとなって大量の鼻水に変わる。その繰り返しです。

 

くしゃみ鼻水、鼻水くしゃみの、喉と鼻とIラインはなかなか崩れません

 

私は香りにもちょっと弱いタイプです。 お花の中でも香りが強い百合の花やバラの花の香りは苦手です。お花を愛でるのは大好きなのですが、バラ園などに行くと、てきめんに鼻水が出ます。

 

これではムードも何もあったものではありません。 お花をいただく時は、香りのきつくないものをと決めています。お花だけではありません。実は最近こり始めたアロマ。あのアロマオイルの香りも鼻炎を起こす香りがあります。

 

リラックス効果やホルモンバランスを整えるのにアロマオイルは有効的と聞いて、私もいろいろな香りを試してみました。 レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の香りは大丈夫なのですか、例えばローズマリー。これを嗅ぐとてきめんにくしゃみや鼻水が出ます。

 

一時期ローズマリーとレモンを合わせて嗅ぐと認知症予防になるとテレビで言われていましたよね。それで試したのですが、認知症になる前にアレルギー性鼻炎を起こしてしまいました。 またリラックス効果のあるラベンダーも実は苦手。

 

アロマは自分に合った香りを見つけることがよりリラックス効果が高くなると思うので、まずはいろいろな香りを試してみなくてはいけませんね。 私のようにリラックスする前に、大量の鼻水が出てリラックスできない!と言う人もいることでしょう。

 

認知症予防やホルモンバランスを整える前に、自分の鼻を刺激しないような香りを見つけることが先決。効果は二の次。アレルギー性鼻炎を持っている方にはアロマはなかなか楽しめないかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ