年がら年中鼻炎に悩まされています

若い時から花粉症があり鼻がズルズルしていました。昔は鼻かぜとも言ってました。小学生の頃春になるとよく鼻をズルズルさせていた事を覚えています。

 

教室で勉強する時も春になると気がそぞろで身が入りませんでした。子供の頃、これで病院に行く事はありませんでした。高校生になった頃、友達にも鼻をズルズルさせる者がおりましたが、まだその頃花粉症とは呼ばれていませんでした。2月ごろから6月の始め頃まで鼻炎が続きます。

 

社会人になったとき、会社の研修会があり、関東の施設に泊まり込みで行った時の事です。午前中から水鼻が出てテッシュでは間に合わず、ハンカチでズウズウしていました。あまりの酷さに鼻は真っ赤で痛くなりました。お昼の休憩時間に医務室へ行き薬をもらいました。おかげで午後からはピタッと鼻水が止まりました。

 

その代り、強烈な眠気とのぞが乾きます。兎も角じっとすると寝てしまうので指をもんだり首を回したり、休憩時間は軽く目を瞑り少しうとうとしました。のぞの乾きも半端でなくのぞがいがいがらっぽくなってしまいました。以降、講習の時間帯は薬を飲むのを止めました。

 

このころ花粉症の言葉が出始めたと思います。杉の花粉が関係しているとのニュースが流れ始めました。アレルギー検査をしました。杉とカモガヤに強く反応がありました。

 

それからは、1月後半から耳鼻科に行き薬を処方してもらいました。年々薬の効きが良くなり、昔のようにラッシュになって顔が腫れ上がることが少なくなりました。風の様な症状で寝込んだことがありました。今では薬と点鼻薬とマスクで防いでいます。

 

レザー治療で良くなったと聞いたので少し離れた耳鼻科で治療してもらいました。鼻の奥をレーザーで焼くのですが花粉のシーズン前の12月に行いました。しばらく鼻の粘膜がひりひりし

 

調子よくありませんでした。そのシーズンは少し花粉症が楽でしたが翌年は普段通りの状態に戻ってしまいました。今年も間もなく花粉症のシーズンを迎えます。マスクと飲み薬と点鼻薬の3点セットに加え、えぞ式すーすー茶もプラスして難局を乗り越えようとしています。

 

徐々に私の花粉症シーズンが長くなって半年くらいズーズーしています。花粉症だけでなく体の抵抗力も弱くなってきたのでしょうか。ヨーグルトや玉ねぎ、ニンニクの食べ物も十分取りたいと思っています。

 

舌下治療が出てきましたが杉花粉のみでカモガヤには効果が無いようで実施していません。火炎放射器でカモガヤを焼き尽くしたい心境です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ