鼻の風邪は本当につらいです

私は鼻の穴が細く、しかも骨が曲がっているそうで、風邪をひいたりするとひどく鼻が詰まります。

そのまま放置すると蓄膿症になることも少なくないため、風邪をひいたら内科ではなくて耳鼻科に通うことにしているほどです。

 

寝込むほどの風邪でなくてもすぐに鼻が詰まり、しかもひどくなるのは決まって奥の方です。

それでも引きはじめはかめば鼻水がすっきりと出て楽になるのですが、段々かんでも完全には出なくなってくるのです。

「風邪かな?」と思ってから、早いときは一日もたたないうちに、そんな状態になります。

 

かんでも出ない鼻汁は、喉の奥に流れます。

いわゆる後鼻漏という状態です。

 

後鼻漏がたくさん出てくると、口にするものの味が変わってきて、何を食べてもうまみを感じにくくなるのです。

台所を預かる主婦としては、これは本当につらいです。

家族に言わせると、この状態になった時は味付けがやたらと濃くなるそうなので(調味料を測って使っているつもりなのですが)、本当に味覚がおかしいのでしょう。

 

また、流れ出た鼻汁がのどを刺激して、のどの粘膜があれてしまいます。

それで、咳が止まらなくなるのです。

鼻汁でのどがあれると、風邪が治って鼻水が出なくなってもしばらく症状が残るため、長い間マスクが手放せません。

 

こんなことが毎年何回も繰り返されます。

風邪をひいても鼻の症状が重症化しないような、抜本的な治療法ってないのでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ